紹介カードを使うタイミング

紹介カードを使うタイミング

美容室の紹介カードを持っていると「自分のメリットのために誰かを誘いたい」という気持ちが出てくるかもしれません。ですがどういうタイミングで友人や知人に声をかけるか、という所で受け入れられ方は大きく違ってくると思います。極端な場合、髪を切った直後の人に「紹介カードを持っているから私が言っている美容室へ来てみない?」と誘うとします。その相手の人はどういう印象を受けるでしょうか?おそらく髪を切った事に対して「そのヘアスタイルは似合っていないから今の美容室はやめた方が良いよ。私の美容室を紹介するから来ない?」という風に聞こえてしまうかもしれません。実際にその人が今のヘアスタイルを失敗だと思っていたり、今の美容室はもうやめたい、と思っているのであれば「紹介カード」の誘いはその人にとっても良い話になるでしょう。ですが今の仕上りにとても満足していたり、通っている美容室がとてもレベルの高い有名な美容室であった場合には、そのはなしは「バカにしているの?」という感じになってしまうかもしれません。自ら紹介カードで自分の美容室へ、と誘う場合にはそのタイミングと言うのがとても大切でしょう。相手を傷つけないように、なおかつ喜んで自分の美容室へ来てくれるように考えなくてはならないでしょう。

 

紹介カードの誘惑

 

よく美容室では集客方法の一つとして「お友だち紹介カード」とか「お友だち紹介クーポン」などと発行している所があります。時には「友だち紹介キャンペーン」などを一定期間やっている美容室も有ります。そういう美容室に通っていると、「友だちを紹介すれば自分にお得な事がある」というケースがほとんどで、自分へのメリット欲しさに知人を紹介しようとする人も出てきます。言い方が悪いかもしれませんが自分中心に考えれば「とにかく誰かを紹介すれば自分に得がある」という事ですよね。ですからそういう人は身近な人を自ら「私の言っている美容室へ来てみないか?」と誘ってくると思います。そういう時は誘われた側の気持ちとしてはどうでしょう?もしもタイムリーに美容室を探している人であればその話に飛びついてくれる事もあるかもしれません。ですが既にとても気に入っている美容室があって長年同じ美容室へ通っている、という人に対して声をかけてしまうと、明らかに「この人は紹介制度による自分へのメリットを期待しているんだな」という事がばれてしまう可能性も大いにあります。いつもきれいなヘアスタイルをしている人であればすでに行きつけの美容室を持っている可能性が高いです。あまり自らの利益を欲している、という事がばれないようにしたいのであれば声をかける相手も選んだ方が良いでしょうね。

 

お気に入りのサロンが見つかる

 

川口でお気に入りを見つけよう

川口にある美容室

大宮でお気に入りにするなら

大宮にある美容室

城南で美容院をお気に入りにする

城南にある美容院