新規のお客さんの担当をする

新規のお客さんの担当をする

ジュニアスタイリストは、多くの場合新規のお客さんや指名をしないで予約をしたお客さんンを担当する事が多いようです。その美容室の考え方にもよるのですが、指名が入る美容師はやはり断る訳には行きませんから、その指名をくれたお客さんを担当していきます。ですからなかなか新規のお客さんの方へ回す事はできません。結局指名をしなかったお客さんについては手の空いている美容師、つまり指名のは要らない美容師が担当する事になります。そんななかでも特に指名が入りにくいのがジュニアスタイリストというポジションの美容師でしょう。ですからジュニアスタイリストが新規のお客さんや指名の無いお客さんを担当する確率は当然増えてきます。お客さんにしてみれば「そういう事なの?」と思ってしまうかもしれませんが、何も悪い事ばかりではありません。新人の美容師とはいっても確実に一定レベルの技術は持っているはずです。さすがにレベルに達していない美容師にお客さんのカットを担当させることは、お店としてはあまりにも危険です。美容室全体の評判に関わるからです。ですから一生懸命さの部分でも新人というのはとても良いと思うのです。逆にベテラン美容師に新規だから、使命が無いから、と手を抜かれてしまうよりはずっと良いと思われますね。

 

ジュニアスタイリストの昇格

 

かつては美容室ごとで先輩の指導を受けながら働き、先輩や店長が認めなければスタイリストに昇格できない、というアシスタンとも多かったことでしょう。ですから給料も低いままでスタイリストを目指す日々が続いていたわけです。ですがそこに「ジュニアスタイリスト」というポジションでワンクッション置くことになった事で、給料的にもスタイリストとアシスタントの中間的な給料設定がされるようになった美容室も多いようです。そして昇格についても最近は外部講師による指導を導入している所も多く、第三者の目で技術のレベルを判断してくれる所も増えてきたようです。そうするとたとえば美容室側の「まだまだアシスタントもままでいてくれた方が都合が良い」というような思惑が絡む事も少なくなり、実力のあるアシスタントはちゃんとジュニアスタイリストに昇格する事が出来るようになり、またジュニアスタイリストも確実にスタイリストへの階段を昇っていく事が出来るようになった、と言えるのではないでしょうか。一定の経験を積まなければいけない、とか技術のテストに合格しなければならない、といったちゃんとした基準が設けられるようになっていれば、働くアシスタントたちも安心だといえるでしょう。

 

Pickup site !!

 

岩槻の美容院をピックアップ

岩槻にある美容院

中目黒の美容院をピックアップ

中目黒にある美容院

ヘアカタログのレンタルなら

ヘアカタログ