年収の低さ

年収の低さ

美容師と聞いてすぐに言われるのは「見た目の華やかさとは違って給料が少ない」という事だと思うのです。もちろん美容師全員がそうとは限りません。実際には人並み以上の生活をしている美容師もいます。ただ若い美容師であれば同年代のサラリーマンの年収よりは低い、というのが常識の様ですし、お店によってはボーナスも見込めない所が多いようです。もしも彼女も仕事をしているのであれば、自分よりも収入の低い人と結婚するのだ、という覚悟が必要でしょうし、もしも仕事を持っていない女性であれば結婚後は自分の働かなくてはならないかもしれない覚悟はしておいた方がよいのかもしれません。簡単に言えば若いうちに楽な生活は出来ない、という事になります。ですから結婚後に2人でどう働くのか、どうやって貯蓄をするのか、子どもはどのタイミングで持つのか、それとも持たないのか、という事を他のカップル以上に2人で話し合っておく必要があるかもしれません。彼の収入がいくらか全く知らない、といった状況で一緒になってしまったり、子どもが出来たのをきっかけに入籍したり、というような結婚をしてしまうと「こんなはずではなかった」と思うのは彼女の方かもしれません。それはどんな結婚でも同じことかもしれませんけれどもね。

 

美容師と結婚するのはよくないのか

 

皆さんの中には今美容師の彼と交際している人もいるかもしれません。ネットの質問サイトなどでは「美容師と付き合っているんだけど、このまま結婚しても大丈夫かな」といった不安を吐き出している彼女もいますよね。良く言われているのは美容師は彼氏にするのも旦那さんにするのも苦労をさせられる職業だ、という事ですが、どういったことがあってそういう風に言われるのでしょうか。もちろん美容師をしている男性が全員女性を不幸にしている訳ではないでしょう。幸せな家庭を築いている人も勿論いるでしょう。でももしかしたらそこには、彼女や奥さんが美容師と付き合ったり一緒に暮らすことになった時に、色々な覚悟や工夫、気持ちの持ち方など考えたのかもしれません。どういった事があるから苦労する、と言われるのか、それをどう乗り越えたらよいのか、といった事を互いに考えたのかもしれません。確かに美容と言う職業は、一つには給料が少ない、と言われています。そしてもう一つは「異性にもてる」「異性との距離がちかい」と言った事がデメリットとしてよくあげられます。それ以外にも美容師だからこそ考えられる使いづらさや家庭人としてのあり方が他の職業よりも厳しい面があるのかもしれません。それはどのようなことなのでしょうか。

 

BEST CHOICE SALON

 

アンティーク雑貨屋の様な雰囲気でお洒落

柏にある美容院

原宿の超人気サロン出身のオーナーがプロデュース!

川越にある美容院

小さいお子様連れでも安心の親子で通えるサロン

池袋にある美容院