高価なものを着用している

高価なものを着用している

時には美容室へいった後で大切な用事があって、その時のための服を着用して美容室へ行く事もあるかもしれません。その時のオーダーがカットやヘアセットだけ、と言う事であればさほど問題ではないのですが、一番問題なのはカラーリングの時にお客さんがいかにも高価そうな服を着用している時なんですね。美容師にとってカラーリングの薬剤をお客さんの服に付けてしまうのは大失態となる訳です。なぜならカラーリングの薬剤と言うのは本当に落とす事が難しいものです。考えたら当たり前で髪を染めたらちょっとのことで色が落たりはしませんものね。ですからお客さんの服に薬剤を付けてしまった時にはおそらく美容師は平謝りをする事と思います。ですから最初からお客さんの身体や衣服に付けない様に、と細心の注意を払っている訳で、それだけでも美容師にとってかなりのストレスです。それがお客さんが見るからにお金をかけているであろう服装をしているときには、それはとても気を使う事になってしまうのは、簡単に想像がつくと思います。ですからカラーリングをオーダーする時には、お客さんの方も万が一のことを考えて、多少汚れても構わない服装をして言う事がベストなんですね。もちろん美容師はどんな時でも最大限薬剤が付かない様に努力はしてくれるものですけどもね。

 

服装について考える

 

みなさんは美容室へ行くときの服装についてどう考えていますか?そんなこと深く考えたことはない、と言う人が殆どなのではないでしょうか。もしくは美容室に行くからどういう服装をしようか、と言う事でなく、美容室に行く前後でなにをするか、と言う事で服装を決める方が多いのではないでしょうか。たとえば美容室へいった後でそのままデーとの待ち合わせ場所に行く、と言う場合、当然のように美容室へ行くときにはデートにふさわしい服装をしていくことになるでしょう。もちろんそれは悪い事ではないですし、美容師の皆さんもお客さんがどの様な服装をして来店しても注意したり嫌な顔をする事はないでしょう。ですが実際には「出来たら避けてほしい」と思っている美容室に来る時の服装があります。それは首回りが複雑になっている服装です。ハイネック、スタンドネックだったりフリルの付いているもの、などはケープをかける時にも邪魔になりがちですし、襟足を揃えたりするときに作業が難しくなります。また髪の毛がくっつきやすい素材の服装も美容師にとっては少しストレスになるようです。たとえばニット素材の服装だと、カットした髪の毛が落ちるのではなくて刺さりやすくなります。そういう服装をしているお客さんを担当する時には、できるだけ髪の毛を付着させないようにすることに注意を払わなくてはならなくなります。

 

PICKUP SITE !!

 

カットに定評のある与野本町の美容院

与野本町にある美容院

カラーが上手な与野本町の美容院

与野本町にある美容院

パーマならお任せ、鶴瀬の美容院

鶴瀬にある美容院