自分のヘアスタイルは大丈夫か

自分のヘアスタイルは大丈夫か

紹介カードを使って友人を自分の美容室へ誘う時には、まずは「自分のヘアスタイルは魅力的か」という事を考えなくてはならないでしょう。自分のヘアスタイルがそもそも評判が良くないのに、その人に「私の通っている美容室へ来ないか」と言われても説得力がありません。大した仕上りではないのにどうして誘うのか、きっと紹介システムの何らかのメリットが目当てなのだな、という事になってしまいます。ですから「そのヘアスタイル素敵だね」と何も言わなくても言われるぐらい魅力的なヘアスタイルであることが肝心だと思うのです。そうであれば自然な流れで「どこの美容室へ通っているの?」という話になるでしょう。そこで初めて「良かったら紹介するよ」という話になるものでしょう。ですからむやみやたらに「紹介カードが使いたい」という思いで声をかけると失敗してしまう事が多いと思いますし、人間関係も気まずくなってしまうかもしれません。声をかけるならまずは自分のヘアスタイルをチェックする事が必要ですね。そしてもしも本当に「友だち」とか「親友」と呼べるような仲の人であるのであればその人の為にも「紹介すべきか、しない方が良いか」という事を塾こうする事が大切でしょう。ましてや自分が満足していない美容室を紹介するような事はするべきではないですよね。

 

紹介された時

 

紹介される側としては「何も言わないのに紹介されたのか」「自ら紹介してと頼んだのか」という違いは大きいと思います。そしてその紹介してくれる相手とは日頃どういう付き合いをしているのか、という事も大きなポイントでしょう。自ら紹介して、と頼むのであればおそらくそのあたりの事情も十分に考慮してから自分で「紹介して」と頼んでいると思います。ですが相手から「来ない?」と言われる時にはその相手が誰なのか、どういう関係の人なのか、という事が大きく影響してくると思います。たとえば職場で長くお世話になっている人に」紹介するよ、と言われた場合、多くの人はなかなか断り辛いものでしょう。ですが自分が心から「紹介してもらえるならうれしい!」と思える美容室でなければ、その話は断った方が無難かもしれません。なぜなら美容室と言う所は自分の外見を左右する場所ですし、人によって合う・合わないがあります。その人にとってはとても良い美容師室であったり気の合う美容師であったとしても自分にとってもそうである、とは限らないんですよね。だから義理だけで付き合うにはリスクが大きすぎる、と思うんですよね。あまり気乗りがしない時には、まずは無難な理由を付けて断っておく方が良いでしょう。気になるならまったくの第三者や他にその美容室に通っている人の話を聞いて本来の評判を確認してみるとよいですね。

 

BEST CHOICE SALON

 

能見台の美容院が選ばれるわけ

能見台にある美容院

選ばれ続ける調布の美容院

調布にある美容院

蒲田の美容院を選ぶために

蒲田にある美容院