美容師の得手不得手

美容師の得手不得手

一人の美容師を指名し続ける事、自分の担当美容師、と言えるような美容師がいる事はとても心強い事だと思います。その時に多くの人は、その美容師のテクニックで判断する事は勿論あると思うのですが、その美容師の人柄や会話の楽しさ、一緒に過ごす時間の心地よさなどもあってその美容師の事を気に入っているのだと思います。ですから技術的な面においてはもしかしたら他の美容師の方が腕が良い可能性もあるでしょう。ですがその部分についてはプロでなければわからない様の違いだったりもするので、やはりその美容師との相性そのものの方がお客さんとしては気になる所なのでしょう。また「思った通りにしてくれる」と言う事をお客さんは重視します。その時に大切なのは提案力でしょう。カウンセリングにおいて、自分の話をどれぐらい聞いてくれるか、どう導いてくれるか、と言う事がとても大切です。ですがそのあとでヘアスタイルが決まってからについて言えば、もしかしたら美容師にも得手不得手があると思います。カットの得意な美容師、パーマが得意な美容師、など美容師も人間ですから色々だと思います。ですから提案する際にも自分が得意な施術の方向へ導く様になっている可能性もあるかもしれませんね。技術を選ぶか、人を選ぶか、難しいところでもあります。

 

美容師はライバル同士

 

美容師は自分が働いている美容室においては、他の美容師たちとは仲間であると同時にライバル同士であることが殆どです。そう言った事は気にしない、と言う美容師もいるかもしれませんが、多くの美容室ではお客さんに美容師を指名してもらっているので、指名の多い少ない、というのはどうしてもその美容師の人気や実力に優劣をつけるものとなります。ですからその結果を「気にしない」というのは嘘になってしまうでしょう。ですから美容室の中では美容師たちが互いに、いかにこのお客さんに自分を指名してもらうか、と言う事でしのぎを削っている状況であることが多いでしょう。新規のお客さんを誰が担当するか、そのお客さんにいかに次回も自分を指名してもらうか、と言う事をそれぞれが意識しながら働いている事でしょう。それが度が過ぎると恐らく美容室の雰囲気自体がギスギスしたものになってくるでしょう。それはお客さんにとっては逆に居心地の悪い空気を出してしまうかもしれませんね。時には他の美容師の事を悪くいう様な美容師もいるようですが、その様な美容室はスタッフ教育が上手くいっていない可能性もあります。そういったスタッフ同士の競争にお客さんが巻き込まれるのはとても残念なことですよね。お客さんの多くは美容室に癒しを求めている事は忘れないでほしいものです。

 

人気急上昇の美容室

 

行くべきな吉祥寺のヘアサロン

吉祥寺のヘアサロン

上福岡の床屋に行くべき理由

上福岡の床屋

人気のため、ご予約はお早めに

溝ノ口の美容院